日本という国
101/235

097 ・鯉幟のぼり(鯉のぼり) 5月5日は「こどもの日」。昔から「端午の節句」だ。 男の子のいる家では、布や紙で作った「鯉幟」を家の外に高く掲げる。大空に浮かぶ鯉の姿ように子供の成長を願う。家の中では、武者人形を飾り、柏餅や「ちまき」を食べる。 「月がっ山さん(山形県やまがたけんの山)へ 尾を跳ね上げて 鯉のぼり」(黛 まどか) ・葉桜 桜の花が咲き終わる頃から黄緑色の葉が芽吹いてくるのが葉桜だ。 緑一色の桜も、花とは別の美しさがある。 ・立夏 5月6日頃。暦の上では、この日から夏に入る。「夏」の季語。

元のページ 

page 101

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です