日本という国
115/235

111・七-五-三の祝い 11月15日を中心に行われる5歳の男の子、3歳と7歳の女の子のお祝い。親子連れで、神社に参拝し、健やかな成長をお祈いのりする。 宮中や貴族の間で行なわれていた行事が一般社会に普及した。 神社の境けい内だいには、長寿にちなんだ「千ち歳とせ飴あめ」などを売る店が立ち並ぶ。 「よくころぶ 髪かみ置おきの子を ほめにけり」(高浜 虚子) 「袴はかま着ぎや 子の草履とる 親ごころ」(小こ西にし 来らい山ざん) (注・髪置=2、3歳まで剃っていた髪を初めて伸ばす昔の儀式。 袴着=5歳になった男の子が初めて袴をはく儀式) ・行く秋 「秋」が終わるのを惜しむ気持ちを込めた言葉。 「行秋や 抱けば身に添ふ 膝ひざ頭がしら」(炭 太祗)

元のページ 

page 115

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です