日本という国
132/235

128 [用具] ・花か盆ぼん=草花を載せる盆。 ・水みず差さし=花器に水を注そそぐ器き。 ・花如はなじょ露ろ=管くだの先に小さな穴がたくさんあり、草花に水をかける。 ・花はな留どめ=配置した花の根元を安定させるもの。 ① 剣けん山ざん(鉄の板に多数の金属の針が上向きに付いている。草花を針に刺して、固定させる)。 ② 七しっ宝ぽう繋つなぎ(長ちょう楕だ円えん形けいの金属製の板をつなぎ合わせ、間に留め木を詰めて草花を束ねる)。 ③ 仕切り留め木(花が倒れないように細かい棒を組み合わせる)。

元のページ 

page 132

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です