日本という国
136/235

132 ○茶碗=お茶を飲む器。陶磁器が多い。 色や形など、茶碗の出来具合を鑑賞する。 ○釜=お茶を点てるために、湯を沸わかす金属製の器。 ○柄ひ杓しゃく=釜の湯を茶碗に注ぐための竹製の道具。 ○茶ちゃ筅せん=茶碗に入れた抹茶と湯をかき回して泡をたてる竹製の道具 。 ○風ふ炉ろ=湯を沸かすのに使う鉄や銅で作った炉。 ○茶入れ=抹茶を入れておく容器。「棗なつめ」ともいう。漆うるし塗ぬりが多い。 ○茶ちゃ杓しゃく=茶入れから抹茶をすくって、茶碗に入れるもの。主に竹製。 ○茶ちゃ巾きん=茶碗を拭ふく布ぬの。

元のページ 

page 136

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です