日本という国
213/235

209 ちらし寿司 (五ご目もく寿司) 酢飯に「具ぐ(細かく刻きざんで味付けした椎茸・人参・干かん瓢ぴょう・油揚げなど)」を混ぜた「すし」のこと。生なまの魚介類も入れる。 上に、卵を薄く焼いて糸のように細く切った「錦きん糸し卵たまご」や焼き海苔、生野菜、紅べに生しょう姜がをのせる。 酢飯の中に具が散らばっているので、「ちらし寿司」(五目寿司)という。 味付けした鶏肉や魚介類・椎茸・人参などと米を一緒に炊たいたのは「五目飯めし」。

元のページ 

page 213

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です