日本という国
226/235

222 ・彼に出会ったのは千載一遇のチャンスだから、いろいろなことを教えてもらった方がよい。 ◇「千せん差さ万ばん別べつ」 たくさんのものには、「すべて差があり、違いがある」ということ。 ・人の好みは千差万別だから、いろいろな食べ物を用意した方がいい。 ◇「海うみ千せん山やま千せん」 「海に千年、山に千年」を縮ちぢめた言葉。 海に千年、山に千年住んだ蛇へびは竜りゅうになるという言い伝えから、世せ間けんの裏うら表おもてに通じた、ずる賢がしこい人のこと。どちらかといえば、悪いイメージ。 ・あの人は世の中の表も裏も知り尽くした海千山千の事業家だ。 ◇「千せん客きゃく万ばん来らい」 「たくさんの人が訪れる」こと。商売が繁はん盛じょうすること。 ・彼はとても誠実で優しい人柄なので、千客万来のように、いろいろな人が彼のところにやってくる。 ◇「千せん変ぺん万ばん化か」 「物事がさまざまに変化する」こと。 ・あの歌舞伎俳優は、千変万化のような早変わりの演技が得意だ。 ◇「千せん言げん万ばん語ご」 「千の言葉、万の言語」ということから、たくさんの言葉を使うこと。 ・私はあの人に大変お世話になっており、千言万語を費ついやしても感謝の気持ちを表しきれない。 ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ◇ ※ 誤りやすい「四字熟語」※ (一) ○「一心同体」 ×「一身同体」 (二) ○「一世一代」 ×「一生一代」 (三) ○「意味深長」 ×「意味慎重」 (四) ○「危機一髪」 ×「危機一発」 (五) ○「群集心理」 ×「群衆心理」 (六) ○「口こう頭とう試し問もん」 ×「口答試問」 (七) ○「絶体絶命」 ×「絶対絶命」

元のページ 

page 226

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です