日本という国
29/235

025 医療・介護・福祉など社会保障の充実が不可欠だ。 さらに、総額約1,600兆円と言われる個人の金融資産の活用策も大きな課題だ。個人消費を伸ばして、内需ないじゅを活発にして、「輸出に頼らない経済」への体質改善も必要になる。 海外からは、「日本経済は低所得者や高齢者を支えてきた。経済効率だけでなく、『思いやりの心をもった資本主義』が可能だ」という期待が聞かれる。現在、GDP(国内総生産)規模で世界第3位の「日本経済」が確実に成長路線を歩み、世界経済の発展の原動力となるか、その力りき量りょうが問われている。

元のページ 

page 29

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です