日本という国
34/235

030 「介護保険制度」 ※ 40歳以上の強きょう制せい加か入にゅう保険 「高齢者」を社会全体が支える「介護保険制度」が平成12年(2000年)4月にスタート した。40歳以上が強制的に加入し、介護保険の対象は、「1号被保険者」と「2号被保険 者」の二つに分かれている。 [1号被保険者]=65歳以上の「高齢者」で、「洗せん面めん、歯は磨みがき、着き替がえ、食事、排泄はいせつ、入浴、歩行」の一つでも介助かいじょを必要とする時、介護サービスを受けることができる。保険料は原則として公的年金から天てん引びきされる。 [2号被保険者]=40歳から65歳未満までの世代で、初しょ老ろう期き認知症や脳のう疾しっ患かんなど特定の老化に伴う病気や障害の場合に介護サービスを受けられる。 保険料は、「医療保険」の保険料に上うわ乗のせして徴ちょう収しゅうされる。 《「介護保険」の仕組しくみ》 ①介護保険サービスを受けたい時、市区町村に「要支援」・「要介護」の認定を申請することからスタートする。 ②市区町村の調査担当者が家庭を訪問して、本人や家族から話を聞き、介護の必要の程度などを調べる。 ③その結果に基づいて、医師や看護師、福祉担当者による介護認定審査会が介護サービスを提供すべきか否いなか、また、提供する場合はどの程度のサービスにするか、を判定する。 ④「要支援」・「要介護」の認定を受けた「高齢者」のために、ケアマネジャー(介護支援専門員)が毎月の介護サービス利用計画(ケアプラン)を作成する。 「介護保険」の給付額(利用者負担を除く)の半分は「税金」、半分は「保険料」でまかなう。「保険料」には65歳以上が支し払はらう「1号保険料」と40~64歳の「2号保険料」がる。 「1号保険料」は、市町村が必要な介護サービス量を見込んで決める。 全国平均の「1号保険料」は、2015年度(平成26年)が月額5,513円。「2号被保険料」は個人で異なる。保険料は3年ごとに改定される。 【七なな段階の介護と支援】 「介護保険」の内容は、予防を重視する考えから、「支援と介護」の度合どあいによって、「要支援1~2」と、「要介護1~5」の七段階ある。「要介護1~5」に認定された人は、「特別養護老人ホーム(特養)」などの施設への入にゅう所しょ、ホームヘルパーの訪問や「特養」などでの「デイサービス(日ひ帰がえり介護)」が可能になる。 「介護費用の1割」を「介護保険」の利用者が負担する。「残り9割」は「介護保険料と公費」が半分ずつ。「公費」は、国と都道府県・市区町村が負担する。

元のページ 

page 34

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です