日本という国
55/235

051「国」の形と仕組み「国土」と「人口」こくどじんこう一節=二章 にしょう 国土 ※ 位置 日本列島はアジア大陸の東側に位置し、南北約3,000㌔㍍に及ぶ長い弓形きゅうけいの島国だ。 北海道、本州、四国、九州の四つの大きな島を含む6,852の島々から成っている。 おおむね北は北緯45度31分から、南は北緯20度付近まで、東は東経149度付近から、西は東経123度までの範囲にある。 国土の面積は約37万7,819平方㌔㍍で、アメリカ合衆国の約26分の1、中華人民共和国の約25分の1だ。 ※ 地形 国土の地形を見ると、61%が「山地」で、高く険しい山や火山が多い。 そのほか、「低地」(13.8%)、「丘きゅう陵りょう」(11.7%)、「台地」(11%)、「内水域など」(2.4%)。島国であるのと同時に、山国でもある。 国土全体の利用状況は、森林が66.6%、農用地は13.8%。そのほか、宅地、道路、水面・河川など。平へい野やは狭くて少ない。川は短く、川幅は狭い。落差の大きい急流は水力発電に適している。 また、日本列島は環かん太たい平へい洋よう地じ震しん帯たいの上にあり、火山活動が活発で世界でも有数ゆうすうの地震多発地帯だ。 日本の国土には、3,000㍍を超える山が21あり、すべて本州の中央部に集中している。

元のページ 

page 55

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です