日本という国
56/235

052 ※ まわりの海 海岸線は出入りが多くて複雑だ。 太平洋、日本海、オホーツク海、東シナ海などが広がっている。 海流は、黒潮くろしおと呼ばれる暖流が太平洋に沿って、日本列島の南岸を北ほく上じょうする。 日本海流ともいう。 一方、親潮おやしおと呼ばれる寒流(千ち島しま海流)が千島列島に沿って南なん下かする。 二つの海流が夏は三陸海岸で、冬は銚ちょう子し沖おき付近で出合い、それらの海域は多くの魚類ぎょるいが集まる。 日本海沿岸では、暖流の対つし馬ま海流が北上する。 ※ 気候 春しゅん夏か秋しゅう冬とうの四季の区別がはっきりしているのが日本の気候の特徴だ。 日本列島は起き伏ふくに富とんだ山脈が縦断しているため、太平洋側と日本海側の気候に大きな差がある。 夏は南東から、冬は北西から、季節風の影響を受ける。 太平洋側は、夏は蒸し暑く、冬は冷たい空からっ風が吹き、乾燥した晴天が続く。 日本海側は、夏は雨が少なく、冬はアジア大陸からの季節風が吹き、気温が低く、新にい潟がた県けん、青森県、北海道などでは、4~5㍍の雪が積もる。 日本の気候を特徴づけるのが、「梅雨つゆ」と「台たい風ふう」だ。 6月上旬から7月中旬にかけて高温・多湿の雨期が続く。この時期の雨が「梅雨」だ。北海道は「梅雨」がない。 強い風と雨を伴う「台風」は8月から10月頃まで、各地を襲う。 過ごしやすい季節は春と秋。桜が咲き、木々の新緑が映はえる4月~5月頃と、菊の花が香り、山野の木々の葉が黄色や赤に色づく9月下旬~11月中旬頃は、自然の風景が最も美しい季節だ。 《ベスト3》 ★ 高い山 ① 富士山(3776㍍・山梨県、静岡県) ② 北岳きただけ=白しら根ね山さん(3192㍍・山梨県) ③ 奥おく穂ほ高岳だかだけ(3190㍍・長野県、岐阜ぎふ県) ★ 長い川 ① 信濃しなの川がわ(367㌔㍍・新潟県、長野県、群ぐん馬ま県) ② 利根とね川(322㌔㍍・群馬県、埼玉さいたま県、茨城いばらき県、千葉ちば県、栃木とちぎ県、東京都) ③ 石狩いしかり川(268㌔㍍・北海道)

元のページ 

page 56

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です