日本という国
63/235

059※ 内閣の権限 法律に基づいて行政を行い、必要な政令を定める。 予算案や法律案をつくり、国会に提出する。 外交関係を処理し、外国との条約を結ぶ。 国会の召集しょうしゅうや、衆議院の解散を決める。 国家公務員に対する任命・監督の事務を行う。 刑罰を科せられた人に対する恩赦おんしゃ(刑の減免げんめん)を決定する。 最高裁判所の長官を指名する。 天皇の国こく事じ行こう為いに対する助言じょげんと承認を行う、など。 ※ 各省庁の大臣と特とく命めい担たん当とう大臣 2015年(平成27年)10月に発足ほっそくした第三次・安あ倍べ晋しん三ぞう内閣(改造)は、安倍首相と19人の大臣(閣僚)で構成されている。 1府11省と国家公安委員会、さらに、復興庁を担当する各大臣と、省庁の行政を統括する官房長官、さらに、特命担当大臣=デフレ、地方創生、一いち億おく総そう活かつ躍やく、経済再生、産業競争力、社会保障・税一体改革、行政改革、女性活躍、少子化対策、沖縄及び北方、原子力経済被害、国家公務員制度、拉致らち問題、教育再生、国土強靭、男女共同参画、海洋、情報通信技術[IT]政策、科学技術政策、東京オリンピック・パラリンピックなど、個別のテーマを担当=を加えた19人。1人の大臣がいくつかの「担当」を兼任。 「復興庁」大臣と「東京オリンピック競技大会・東京パラリンピック競技大会担当」大臣は、いずれも、2021年3月までの期限付きのポスト。 ※ 中央官庁 「中央官庁」は2001年(平成13年)1月、行政改革を目指した中央省庁の再編統合で、「1府22省庁」を「1府12省庁」に半減した。 2007年に「防衛庁」が「防衛省」に昇格。 「東日本大震災」の後に、2021年までの期限付きで復興庁が新設された 「外務省」、「財務省」など中央省庁のほとんどは、東京都千代田区霞かすみヶが関せきを中心にした官庁街にある。 ◇「1府12省庁」と、主要な任務 ◇ 《1府》 ・内閣府――国政上の重要課題の企画、立案と総合調整を行い、皇室こうしつや公式制度に関する行政事務の処理。首相直属の機関。 《12省庁》 ・総務省――行政管理、地方自治、通信、郵政などの事務や、総合調整。 ・法務省――主に法律についての事務や人権の保護。 ・外務省――外交や出入国に関する行政事務。 ・財務省――国の財政の事務。旧きゅう・大蔵省。 ① ② ③ ④ ⑤ ⑥ ⑦ ⑧

元のページ 

page 63

※このページを正しく表示するにはFlashPlayer10.2以上が必要です