28年間を”支えたもの”

中国の〝三人の恩人〟

28年間の活動は、寄贈した「季刊誌『日本』」や『日本語教材【日本】』の活用、『日本語作文コンクール』の指導・応募、『アンケート調査』など、いずれも、多くの大学の先生方と学生の積極的な協力なしに実現することはできなかった。なかでも、王健宜先生(南開大学教授、外国語学院長)、曲維先生(遼寧師範大学教授、副学長)、胡振平先生(洛陽外国語学院教授)の三人は、私どもの活動の〝恩人〟だ。

写真1